高齢、病後のペットにオススメ!ペット用サプリメント「菊芋の奇跡」を徹底研究!

今、滋養強壮に良い「菊芋(きくいも)」が注目されてますね。特に糖尿病の方に人気があるようですね。そんな「菊芋」を使ったワンちゃん、ネコちゃん用の注目サプリメント「菊芋の奇跡」が発売されましたので、早速レポート!

その前に。。「菊芋(きくいも)」のお勉強から。


今大人気の「菊芋」って何?

菊芋(キクイモ)は北アメリカ原産のキク科の植物です。
収穫前の秋口になると、菊に似た黄色い花を咲かせることから、日本では菊芋と呼ばれています。(別名はアメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク、エルサレムアーティチョークなど)地下部には生姜に似たイモ状の塊根をつけます。

菊芋(キクイモ)は本来、北アメリカに定住するするインディアンの主食でした。

その昔(日本の戦国時代くらいです。)アメリカ政府の軍と、原住民のインディアンが戦いました。
時期は冬で、政府軍の兵士は冬の寒さでバタバタと倒れたのですが、インディアンはピンピンしていたらしいです。
戦い終わって、その違いを調べたところ、滋養強壮に良い「菊芋」を食べていたからではないか?という結論になったそうです。

日本には江戸末期から明治頃に、米国より飼料用作物として輸入されました。戦後(第二次世界大戦)の食料難の頃には、作付統制野菜として米の代用食になりました。

その後、特に美味しかったわけでもないので、日本に普及することはありませんでした。(一部の農家さんが細々と作っていた。)

しかし近年になりヨーロッパにおいて成分の研究が進み、非常に栄養価が高いことが判明しました。
特に最近ではドイツを中心に機能性食品への活用の試みが盛んに行われています。

ちなみに、菊芋はイモと名が付いていますが、デンプンはほとんど含まれていません。

菊芋に含まれるイヌリンって何?

菊芋には「イヌリン」という成分が豊富に含まれています。

イヌリンは栄養的にとても優れていて、砂糖や小麦の代わりに代用されることが多いです。しかも含まれているカロリーは脂肪と比べて6分の1、炭水化物と比較しても4分の1程度しかなく、血糖にほとんど影響を与えないんです。だから糖尿病の方が注目しているんですね。

イヌリンは、腸内で有益な細菌を増やす作用があります。イヌリンは消化されることなく、腸内に届きます。
その後イヌリンは体内では酵素によりフラクトオリゴ糖に変化します。善玉菌であるビフィズス菌のエサとなるため善玉菌優勢の環境を作るそうです。


この栄養的に優れた菊芋を使ったペット専用サプリメントが「菊芋の奇跡」

菊芋は今とても注目されてて、人用のサプリメントは多数販売されています。そしてついにペット専用のサプリメントが販売されました。その名は菊芋の奇跡

滋養強壮に良いので、高齢のワンちゃん、ネコちゃん、病後のペットに特にオススメです。


「菊芋の奇跡」オススメポイントその1:完全無農薬のドイツ産オーガニック

菊芋の奇跡に使われている菊芋は、菊芋の研究が進んでいるドイツ産。
しかも完全無農薬のオーガニック処方です。

ドイツの農家さんはこの菊芋を作るために、1年栽培をやめ土地を肥やして、次の年は栽培する。その次の年は土地を休ませる。というサイクルを40年以上続けているそうです。


「菊芋の奇跡」オススメポイントその2:菊芋はドイツで生産加工され高品質

大切に育てられた菊芋は、そのまま管理の行き届いたドイツの工場で加工されます。
ドイツは日本と同じく品質管理に厳しい国。またオーガニック処方にも厳しいです。(ちょっとでもルール違反があるとオーガニック認定を受けられない。)

そんな管理の厳しい国で「菊芋の奇跡」の原料が作られているんですね。

「菊芋の奇跡」オススメポイントその3:ペット専用に作られたサプリメント

菊芋を使ったヒト用のサプリメントは多数出回っていますが、ヒト用のサプリをそのままペットに与えることは出来ません。この菊芋の奇跡はペット用に成分配合されているので安心です。

「菊芋の奇跡」の与え方

菊芋の奇跡の与え方はとても簡単です。
いつも食べているドッグフードにふりかけるだけです!

気になる愛用者の口コミはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク